感動的なブライダルエステ

人気記事ランキング

ホーム > 単身引越し > 単身引っ越しは絶対に業者に頼んだ方がいい理由

単身引っ越しは絶対に業者に頼んだ方がいい理由

単身引っ越しは絶対に業者に頼んだ方がいい理由


え?!単身での引っ越しを自力でするつもり??

進学や就職、転勤で引っ越し作業が必要となる季節になってきました。

実家から出るだけだし、一人暮らしだし…引っ越しなんて楽勝でしょ?とお思いのあなた、甘く見ていると痛い目に遭いますよ。


引っ越し作業って何があるの?

そもそも引っ越し作業って、荷物運ぶだけでしょ?と思いがちですが、いろいろと作業があります。荷物の梱包だけではありません。家電製品のアース、電話やテレビ回線の取り外し・取り付け、洗濯機の水道と排水の設定など意外と作業があります。

引っ越し先や現在の住まいの電気・ガス・水道などの新規契約や開栓時の立会いなど水道光熱費関連の作業もあります。連絡したり、日時を決めたり…立ち会ったり…ととても面倒な作業が待っています。

もっとも重要なのは鍵の受け取りと退去時の立会いや鍵の引き渡しがあります。退去時はその名の通り、【退去】ですので、空っぽの状態で立会いをします。荷物を全部運び出した後で行うため、引っ越し日程や引っ越し距離によってはちょっと面倒なことになります。



引っ越し屋さんってどうやって決めるの?

ざっと挙げただけでもこれだけ面倒な引っ越し作業を自力でやろうなんて正直無謀です。町内での引っ越しくらいならどうにかなるかもしれませんが…一般的な引っ越しが必要な状況では自力でやるのはコスパが悪すぎます!

引っ越し業者は世の中にたくさんあります。その中からどうやって業者を決めるか。引っ越し業者の多くは単身者向けのパックやコースを設定しています。ファミリーに比べて荷物が少ないため、作業も短時間で済み、安い料金設定になっていることがほとんどです。よく見かける大きなトラックはファミリー用の引っ越し車だと思ってください。一人暮らしではあそこまでの大荷物になることは珍しいと思います。

業者選びですが、たくさんある故にどこにしようか迷ってしまうと思います。今は引っ越し料金の比較サイトがあるのでそれを使うのが良いでしょう。各社でも見積もりを行っていますが聞かれることはほぼ同じであるため、同一内容を何度も入力するよりも比較サイトにお任せした方が手間が省けます。


業者の選定の決め手は?

見積額は比較サイトでほぼ出てくると思います。この時に最終的な費用がいつ決定するのか必ず確認してください。中には当日に追加料金を申請してくる業者がありますので、安さに飛びつかないようにしてください。

さて、ほぼ同値段の時、何を基準に決めるか。引っ越し業者の多くは段ボールやガムテープを一定数無料で配布してくれます。定数を超えると有料になるところがあります。ここでも差がつけやすいです。

これらは事前に自分自身で作業をするために配布されるものです。業者によって自分自身で行う作業が異なりますので必ず確認をしてください。アース設定のある家電以外は自分で梱包するのか、一緒に梱包作業からしてくれるのか。服や食器などは特別な梱包を施してくれるのか、など対応が違いますので事前の確認を忘れずにしましょう。

また、引っ越し作業時間の設定を確認してみましょう。時間帯枠はどのように設定してありますか?時間帯の決定はいつまでに連絡がきますか?こちらが日時指定をしない場合の方が安くなります。それは業者側がほかの引っ越し希望者との兼ね合いで我々を自分たちの都合のいい日時に設定できるからです。安い一方で直前まで時間帯が決まらないこともあります。さすがに前日になって【明日の朝一で伺います】と言われても作業が追い付きません。また朝一の枠が8時―12時など長時間になる場合、8時に合わせて梱包してしまうと残り3時間以上、どう時間をつぶすか考えないといけません。

他には、当日の退去や入居時にどのような条件があるか。退去時の立会いを引越し日にする場合、引っ越し業者が出た後で立会いをしないといけません。なので、立会いの時間との兼ね合いが出てきます。その辺の調整を受け付けてくれる柔軟な業者を選ぶようにしましょう。


なぜ比較サイトを使うの?

もうこの業者!と心に決めているケースは別として、引っ越しをする際に重視することは人それぞれあると思います。安く済ませたい、早く作業をしてほしい、丁寧な作業を望む、女性なら同性の方に対応してほしい、などさまざまだと思います。

比較サイトを使えば、そもそも自分の引っ越しにかかる費用の相場がわかります。各社の見積もりから値段交渉をすることも可能です。ご自分の希望に合わせて見積もり依頼をすることもできますので、利用することをお勧めします。

たかが引っ越しですが、作業中に荷物が破損したり、住居が傷つけられたら大変です。安さゆえに作業が雑なケースもありますので、口コミなども参考に業者を最終決定すると大きなトラブルも起きないでしょう。作業時間が遅れて、電車や飛行機に乗り遅れたら大変です。そういうトラブルに遭わないためにも比較サイトで業者の対応などを比較検討してくださいね。


事前の準備とは?

引っ越し先が決まったら

引っ越しが決まったら、大前提として引っ越し先を決めますよね?その時に周辺の道路環境もチェックしてください。道幅が狭すぎる場合、引っ越し業者のトラックが近くに置けないため、作業の手間や時間が増えてしまうことがあります。そのため、見積もり時点で道幅などを聞かれることがあります。

間取りから家具の配置も考えておきましょう。初めて一人暮らしをする場合、新しい家電製品、特に洗濯機や冷蔵庫などは引っ越し先の環境によってサイズが決まってしまいます。誤って大きなサイズを購入してしまったら…置けない!なんて事態も発生します。多くの家電屋では洗濯機など設置に条件のある商品は設置可能か見積もりをしてくれます。しかし、これだと引っ越し当日には製品を使用できないケースがあるのでご注意を。


引っ越し日が決まったら

なるべく早く引っ越し日を決めましょう。引っ越し日まで時間がある方が業者の選定時間や交渉時間に猶予ができます。直近の引っ越しは業者側が高い料金設定をしてきますので安く済ませたい場合は特に…早めに行動しましょう。

先にも書いたように電気・ガス・水道の開栓手続きや現住居の契約終了の手続きが必要です。地域や業者によって対応が異なりますので事前に調べておきましょう。うまく日程調整ができない場合、引っ越し先でしばらくライフラインが止まったまま、という事態になりますのでご注意を。

引っ越し当日までは徐々に片づけや梱包作業を進めていきます。ポイントは使わないものから梱包していくことです。引っ越し前日や直前まで必要なものを先に詰めてしまうと使用できなくて困ります。本や雑貨などさしあたり困らないようなものから詰めていきましょう。また、ごみの回収日を確認し、ごみまで引っ越し先に持っていくことのないように準備を進めていきます。


当日の作業

当日は梱包が終了した状態で業者が来るのを待ちます。実家を出る場合はあまり困ることはありませんが、一人暮らしの場合はすべてのものが梱包されているので、時間のつぶし方を考えましょう。

業者が到着したら、残った家電や家具の梱包をして引っ越し先へ移動します。退去時の対応は事前に必ず確認しておいてくださいね。

引っ越し先では荷物が運び込まれ梱包を解いたら作業完了です。使いやすいような状況になるのは時間がかかると思いますが、まずは使用できるところまで作業を進めましょう。ライフラインの開栓や開通手続きが終わっていないと自宅で生活するのが難しい状況になりますのでご注意を。


なにかと手間が多く時間のかかる引っ越し作業です。比較サイトをうまく利用して自分が少しでも楽をできる、不快な気分にならない引っ越し業者を選んでください。引っ越しの距離や時期、地域によって業者の得意・不得意などがありますのでそのあたりも比較サイトで条件のあう業者を見つけて安く手間を省いた引っ越しをしてくださいね。


http://tansin-hikkoshi.com/